スプリングマットレス

スプリングマットレスのなしとの違い!腰痛に良いスプリングの種類やメリットデメリット

投稿日:

マットレスには中にスプリングが入ったのがあります。

スプリングマットレスにも種類があり、「ポケットコイル」と「ボンネルコイル」と2つです。でもスプリングなしのウレタンなどと違いが何か詳しく知らないのが一般的です。

スプリングマットレスでも腰痛に良いのが特徴のもあれば、逆にからだが沈みやすく低反発のもあります。

この記事ではスプリングマットレスとは何かが分かり、メリットやデメリットも全て理解できるようになっています。

また、なしと比べてどんな違いがあるのかや腰痛に良いコイルの種類まで分かります。

どのコイルの種類を選ぶかにもよって、腰痛に良いのもあれば悪化する可能性もあります。

これからマットレスの購入を考えている人は、選び方の部分で失敗できない部分なので、ご覧頂ければと思います。

スプリングマットレスとは

スプリングマットレスとは中にコイルが入ったタイプの物となります。

通常のマットレスに比べてスプリングを中に入れることで、からだを持ち上げるようにして反発する力が働きます。

主にスプリングは2種類あり、それぞれ下記の呼ばれ方がされます。

  1. ポケットコイル
  2. ボンネルコイル

同じようにコイルが入ってはいますが、寝心地などそれぞれ全く異なってきます。

スプリングマットレスのポケットコイル

スプリングマットレスのポケットコイルタイプの特徴としては、それぞれのばねがからだを支える点にあります。

コイルをひとつづつ包み、それをたくさん敷き詰めた形状をしています。

そのため、寝た時にからだの重みを各コイルが持ち上げるように反発をします。よく「からだを点で支える」と言われることが多いです。

それぞれのコイルが連結をしている訳ではないので、重たい部分はより沈み、かるい部分は沈み込みが少なくなりやすいです。

寝た時の姿勢として体重がかかる「お尻・背中・ふくらはぎ」とへこむようになります。

からだにフィットがしやすいものの、体重が重たい人だとお尻付近の沈み込みが深くなってしまい、姿勢が崩れてしまうことがあります。

スプリングマットレスのボンネルコイル

スプリングマットレスのボンネルコイルの特徴は体全体を中のコイル全体が支えることにあります。

各コイルは巻き付けることで連結をさせているので、全体を支えるような作りになっています。

そのため、特定部位の極端な沈み込みをするのを防ぐことができます。

からだの部位によって沈み込みの深さが激しくなるのを防ぐ為、寝返りが打ちやすい特徴があります。

体重が重たい人でもお尻だけ沈んでしまうのを防ぐことができるので、腰痛や背中の痛みにかかえている人に評判のだと、ボンネルコイルが採用されていることが多いのが特徴です。

一方で慣れないと少し高いと感じることも多く、寝心地が悪いと感じてしまう人が多いのが特徴としてあります。

スプリングマットレスで腰痛に良いのは?

スプリングマットレスで腰痛に良いと評判なのは「ボンネルコイル」が使われていることが多いです。

寝ている時に腰痛や背中の痛みに悩まされてしまうのは、特定の部位に負担が強くかかってしまうからです。寝ていれば重たいお尻が沈み込んでしまい、負担が強くなるだけでなく、姿勢が崩れて悪くなりやすいです。

ボンネルコイルは中のコイルを連結させているので、寝ることで全体がゆるやかに沈むようになっています。

そのため、腰回りだけ沈むのを和らげることができ、特定の部位に負担がかかり続けるのを防ぐことができます。

また、布団全体的にゆるやかに沈むので、寝返りが打ちやすく自然と回数も増えやすいです。

以上のことから腰痛に良いのスプリングマットレスでもボンネルコイルが使われることが多いです。

⇒ボンネルコイルとは

腰痛の人は高反発のスプリングマットレス

腰痛の人は高反発のスプリングマットレスを選ぶようにしましょう。

起床後などに腰や背中の痛みに悩まされるのは、からだが沈みその部位へ負担が集中をするからです。

本来のからだを休める目的とは反対になってるので、起きた時に疲れが取れていないと感じることもあります。

高反発のスプリングマットレスを使うことによってからだの沈み込みを抑えることができます。

また、寝返りが増えやすいので体制を変えることで、負担を分散させることができるのですね

腰痛の人は高反発のスプリングマットレスを使うようにしてください。

どんなのを選ぶと良いのかなどは下記で詳しく解説しているので、起床時の腰痛に悩まされてる人は下記をご覧ください。

腰痛マットレスの選び方

スプリングマットレスは通気性が良くなる

スプリングマットレスの特徴として通気性が良くなることがあげられます。 そのため、衛生面の部分でも長く使いやすいので、コスパが良くなりやすいです。

スプリングが中に詰められているので空気の通りができるのと、沈み込みが少ないのが理由となっています。

低反発のウレタンマットレスだとからからだの重さで圧迫がされ、風通しを悪くしてしまいます。

一方でスプリングが入ってれば、空洞ができるので通気性が良くなりやすいのですね。

スプリングマットレスは冬は寒く夏は涼しい

スプリングマットレスは通気性が良いので冬は寒くなりやすいのが特徴です。
但し、夏場に関しては涼しいと感じるはずです。

特に低反発のウレタンマットレスを使っている人であれば、違いを感じることもできるのではないかと思います。

からだの沈み込みを減らすことで、布団に包まれるのではなく、乗っかっているような状態となります。通気性だけでなはなく、からだに素材が触れる部分も少なくなるので、冬は寒く夏は涼しいと感じやすいです。

但し、あくまでマットレスの特徴としてはあるものの、そこまで大きな変化がある訳ではありません。

冷え性の人であればなどと紹介されることもありますが、正直な所そこまで気にする必要はないかと思います。

腰痛・背中の痛み・疲れが取れない・肩こりなどであれば、スプリングマットレスを選ぶ。体重が軽い人で柔らかい布団が好きな人は低反発のウレタンマットレスを選ぶ。

通気性ではなくあなたにあったのを選ぶのがおすすめです。

スプリングマットレスのメリット・デメリット

スプリングマットレスのメリット

スプリングマットレスのメリットとしては下記の3点です。

  • コイルの種類で沈み込みを変える
  • 寝返りの回数を変化させやすい
  • 通気性

スプリングなしのマットレスに比べて、ばねによって反発力を変化させることができます。

ボンネルコイルであれば沈み込みを抑え、ポケットコイルなら増やす。また、寝返りに関しても同様のことが言えます。

スプリングによって反発力・寝返りのしやすさを変化させ、体圧分散に優れているのがメリットです。

スプリングマットレスのデメリット

スプリングマットレスのデメリットとしては下記の2点です。

  • マットレスが重たい
  • 廃棄がしづらい

コイルが中に入っている分だけ、マットレスは重たくなってきます。また、ウレタンや樹脂のコイルなしマットレスに比べると、廃棄の面で面倒な点が増えます。

分解をするのはあまり現実的ではないので、粗大ごみとして出したり、回収業者に依頼をする必要があるのがデメリットです。

但し、マットレスは10年使ったりもするので、頻繁に手間がかかる訳ではなく、そこまでデメリットと感じないはずです。

スプリングマットレスがおすすめの人

スプリングマットレスがおすすめな人としては下記の4点にひとつでも当てはまる方です。

  • 起床時の腰痛や背中の痛み
  • 肩凝りを感じる
  • 疲れが取れない
  • 硬いマットレスが好き

特に起床後の痛みなどに悩まされている人の多くは、ボンネルコイルのスプリングマットレスを使い始めることが多いです。

価格だけで考える人であればスプリングなしの「ウレタンや樹脂のマットレス」がおすすめです。

スプリングマットレスの中でも腰痛に悩まされているって人であれば下記も合わせてご覧ください。

腰痛マットレスの選び方やおすすめを比較

-腰痛マットレスの選び方

Copyright© 腰痛マットレスの選び方やおすすめを比較!腰痛マットレスの天使 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.