真ん中が沈むマットレスの写真

マットレスの真ん中が沈むのは腰痛になる!マットレスがへこむ時の背中や腰痛の対策

投稿日:

マットレスの真ん中が沈むと悩まされるのが腰痛や背中の痛みです。

クッションのようにからだが沈むのは寝心地は良いものの、真ん中が沈むのだけはからだに良くありません。

あなたが体重が少し重たかったりや腰痛持ちであればs、朝の目覚めの時に疲れが取れていないはずです。

主にマットレスの真ん中が沈む理由としては2つあります。

そのため、新しいマットレスに買い替えれば問題が解決するなんてことでもありません。

マットレスはへたるようになるのが買い替えのタイミングとも言われていますが、もともとへこみやすいように作られていることもあります。

なぜ沈むのかの原因を特定して、腰痛となる原因を改善させることが必要です。

この記事を読むことでマットレスの真ん中が沈む理由を特定することができ、改善する方法が分かるようになっています。

マットレスの真ん中が沈む理由

マットレスの真ん中が沈む原因は下記の2つが考えられます。

  • 低反発マットレスを利用している
  • 劣化をしてへたるようになってる

最初から少し沈む感じがあった人であれば、もともと反発力の弱い低反発マットレスを使っていたケースです。

途中からであれば劣化をしてだんだんとへたるようになっているのが考えられます。

マットレスは沈み込むようになったら買い替え時と言われますが、最初から沈むやすいのも販売されていたりします。

それには理由があり真ん中が沈むと腰痛になりやすいですが、寝心地が低反発はいいからです。

マットレスが沈むと腰痛や背中の痛みの原因

マットレスが沈むと腰痛や背中の痛みを起きた時に感じるはずです。

寝ている時の姿勢は重たいお尻付近に体重がかかるので、寝た姿勢で少し経つとへこんだようになってしまいます。

お尻がへこむことで腰が常に曲がった状態で、睡眠時間を過ごすことになります。

寝返りもしづらくなっているので、熟睡中に自然と行われる回数も減ることで、ずっと腰に負担がかかった状態を維持することになります。

そのため、マットレスが沈むと腰痛になりやすい原因となるのですね。

背中はゆるやかなカーブをしているので、少し浮いた状態にもなっています。

そのため、腰から背中や肩にかけて、起床時に痛みを感じるようになってきます。

ずっと使い続けていると疲れが取れないだけでなく、腰痛もひどくなるので早めに買い替えをするようにしましょう。

最初から沈むなら低反発マットレス

最初から少し沈む感覚になるのが低反発マットレスです。

低反発マットレスはからだが布団にくるまれるようになるので、寝心地が良いとたびたびTVなどで紹介されることもあります。

また、ニトリや寝具店で試しねをすれば、弾力があり柔らかいので、からだに合っていると感じる人が多いです。

しかし、寝心地は良い物の沈み込むようになることで、からだの姿勢は不自然になるので、特定の部位に負担がかかりやすいデメリットがあります。

すでに真ん中が沈み込んでるのを使った経験がある人はどうなるのかは分かるはずです。

体重が軽い人であれば適度に少しだけお尻がへこみ、ゆるやかなカーブになれば寝心地も良くてからだにもあっていると言えます。

しかし、へこみすぎることで腰に負担がかかりやすく、寝返りの回数も減るので同じ姿勢で負荷が長時間かかります。

体重が重たい人や起床時の腰痛に悩まされた人は止めた方が良い寝具の種類となります。

真ん中が沈むようになったなら劣化によるへたり

マットレスを使っていると、他の部分に比べて真ん中が沈みやすいです。

毎日長時間を寝ていますが、一番体重がかかるのがお尻の付近です。

そのため、継続して使っていくことで劣化をして、沈みやすくなります。

「買い替え時は問題がなかったのに最近起きた時に腰痛がする・・・。」

こんな人はマットレスが劣化をしているので買い替えを早めに検討をするようにしましょう。

特に2つ折りにしてると真ん中がへたり沈みやすくなる。

マットレスが沈む時の腰痛対策

マットレスが沈む時の腰痛対策としては2つです。

  • 敷布団を上に載せる
  • なければマットレスを買い替える

ベッドなしでマットレスを直置きで寝ている人もいれば、その上に敷布団を使っているかのどちらかなはずです。

もしも、直置きで何も載せていないのであれば、家に敷布団が余ってるなら上に載せて2重にするようにしましょう。

マットレスが多少沈んだとしても上に敷布団が載っていれば、からだの沈み込みは抑えることができます。

低反発のを使っていない限り、だんだんと使っていくうえで沈むのを防ぐのは現実的に難しいです。

そのため、買い替えのタイミングが来てるので、対策をするよりも最初から新しいマットレスを使うのが個人的にはおすすめです。

マットレスが沈んで腰痛の人におすすめは

マットレスが沈むようになり、起床時の腰痛や疲れが取れないと悩まされている人におすすめのマットレスは下記の3つに当てはまるのです。

  • 高反発マットレス
  • 体圧分散設計

高反発マットレスにすることでからだの沈みこみはなくなり、腰への負担を軽減することができるようになります。

また、特に腰痛に良いマットレスと言われる、体圧分散ができるように設計されてるのだと、腰や背中にかかりやすい負荷を全身に分散がしやすくなります。

そのため、沈み込みをなくし、特定の部位への負担を抑えることができるので、朝にすっと起き上がることができるようになるはずです。

体重がかるい人であれば多少の沈み込みでも腰痛にはなりづらいですし、寝心地の良い低反発を新しく使うのもありです。

しかし、沈むことで痛みを感じるような人であれば、腰痛に良いマットレスを選ぶようにしましょう。

沈むようになり買い替えのタイミングになっている人は下記の記事で、どんなのを選ぶと良いのか紹介しているのでこのままご覧ください。

腰痛マットレスの選び方

-腰痛マットレスの選び方

Copyright© 腰痛マットレスの選び方やおすすめを比較!腰痛マットレスの天使 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.