*

腰痛マットレスの神様では失敗しない選び方について解説をしています。

柔らかいマットレスや敷布団を使っていれば、起床時に腰痛や肩凝りに悩まされることは多いです。

だからと言って硬さのある高反発マットレスを選べば問題が解決する訳ではありません。

起床時の腰痛はからだの沈み込みも関係をしますが、長時間の特定の部位への負荷が原因となっています。

そのため、高反発で体圧分散や寝返りなど様々な部分が関係をしてきます。

「腰痛に良いマットレスを使って悪化をした!」
「怪しい口コミに騙されてしまった!」

腰痛マットレスの選び方に失敗をしてしまう人は多いです。

このサイトは起床時の腰痛であったり、疲れが取れていない人が初めて腰痛マットレスを利用する人やすでに失敗をしてしまった人向けとなっています。

腰痛マットレスを利用した方が良い人

腰痛マットレスを利用していて口コミでも満足している人は下記に当てはまってる人達です。

もしも、あなたが同じように感じているのであれば、替えることで悩みを種を解決できる可能性があります。

  • 起床時の腰痛や肩凝りに悩まされてる
  • 腰痛持ちの人
  • ヘルニアの人
  • 朝に目覚めても疲れが取れていない

あなたがこれらのいづれかに当てはまるのであれば、腰痛に良いマットレスの利用をおすすめします。

一方で柔らかいマットレスだと苦手だから硬いのを利用したいってだけであれば、あまりおすすめすることはしないです。

ただ、硬い敷布団を求めているのであれば、体圧分散などは気にせずに安い高反発のマットレスを使った方が良いです。

腰痛に良いマットレスは「自然な姿勢・寝返りの回数を増やす・特定の部位にかかる負担を分散」の3つの機能性を考えて作られており、一般的なのに比べても安いので4万円ぐらいからとなっています。

失敗しない初めての腰痛マットレス

どの腰痛に良いマットレスは「体圧分散や高反発」など必要な機能面は考えて作られています。

それにも関わらず、特定の腰痛マットレスだけその部分が優れているかのように紹介が沢山されており、怪しい口コミだけを参考にして選ぶことで失敗をする人は多いです。

腰痛に良いマットレスはたくさん販売がされていますが、下記の4点を外さないようにしましょう。

  • 厚さ10cm以上
  • シングルよりダブル
  • 初めての人は寝心地
  • 第3社機関での検査証

体圧分散や体重が重たい人が乗った時などの面も考えても、最低限厚さが10cm以上あるのを選べば失敗をすることはありません。

また、できるだけ寝返りをしやすく回数を増やす為にも、シングルサイズではなくダブルなど少し大きめを利用するようにしてください。

いくら体圧分散に優れていようが寝返りが少なければ、腰への負担が長時間かかるので、起床時の腰痛や肩凝りなどに悩まされてしまいます。

また、初めて高反発のマットレスを使う人は寝心地の面で評判が良いかを考えた方が良いです。高反発の寝具はからだが沈みこまないので、慣れるまでは硬いと感じて眠れないこともあります。

最後にきちんと検査証などを公式サイトなどで掲載しているかです。

どのメーカーも体圧分散に優れてなど同じことが書かれていますが、信用できるのは本当に使った人の感想や検査しているかです。

腰痛マットレスのおすすめランキング

腰痛に良いマットレスは結局どれなのかだけ知りたいって人は、おすすめのをランキングで紹介しているので参考にして頂ければと思います。

なぜ起床時に腰痛になるのかの原因やそれを改善するためにはどんなマットレスを選べば良いのか知りたいって人はこのまま読み続けて頂ければと思います。

雲のやすらぎ

腰に優しい高反発敷布団として人気なのが「雲のやすらぎプレミアム」です。

雲のやすらぎは厚さ17cmなので体重の太った人でも安心して使うことができます。敷布団の中は5層階層で高反発スプリングマットを体圧分散させる凹凸アルファマットが挟み込みようになっています。

そのため、寝具とからだの設置面積を増やし、寝ている時に腰回りにかかる負担を体圧分散ができるようになっています。

日本製の敷布団となっており、公式サイトでは第3社の期間で行われた、繰り返しの圧縮試験や圧縮弾性試験の検査結果も見ることができ、初めて使うって人でも安心して利用ができるようになっています。

下記の公式ページ限定で100日間の返金保証のキャンペーンが行われているので、初めて高反発の布団を使うって人なら断トツでおすすめです。

モットン

累計で10万本販売され、長い間口コミでも評判が良いのが「モットン」です。

プロスポーツ選手も愛用していることで知られ、体重や好みに合わせて硬さも選ぶことができるマットレスです。そのため、以前に腰痛マットレスを使っていたけど、もう少し硬さを調整したいって人の買い替え時に評判が良いです。

マットレスの厚みは10cmとなっており、2つ折りや3つ折りで畳むこともできるようになっています。

ベッドを使っていて敷布団ではなく腰痛に良いマットレスを探している人や今までに使っていたのを買い替えのタイミングで硬さを変えたいって人におすすめすることができます。

腰痛マットレスで人気のを比較

腰痛マットレスや敷布団として人気の2つを比較表にしてみました。

腰痛マットレス価格厚さ特徴
雲のやすらぎ34,800円17cm高反発敷布団
モットン34,800円10cm高反発マットレス

モットンに関しては2つ折りや3つ折りができるので、収納しやすいのを使いたいって人であれば、モットンがおすすめすることができます。
一方で折り畳みを繰り返すとへたりなど劣化がしやすいデメリットもあります。

今まで高反発のマットレスや敷布団を使ったことがないって人は、寝心地も良いと評判の雲のやすらぎがおすすめです。
初めて高反発の寝具を使うと硬いと感じたり、慣れるまでは眠れない人もいたりします。

その点で雲のやすらぎは高反発マットレスなのに寝心地が良いと口コミでも人気があります。

腰痛マットレスで安いのは

腰痛に良いマットレスで安いのだと、大体4万円ぐらいの金額から販売がされています。

一般的なマットレス5,000円~1万円
腰痛マットレス4万円~7万円
高級寝具10万円以上

一般的な敷布団だと数千円で安いのはピンからキリまでブランドにもよってありますが、腰痛の人向けのは金額は少し上がります。

高反発のマットレスになっていたり、コイルが中に入り体圧分散なども考慮して、素材なども使われています。

そのため、評判の良い腰痛の人向けのマットレスで安いを探している人は4万円ぐらいのから探すようにしましょう。

高いのは10万円を超えるのもありますが、高級寝具はブランド名なども価格も変わってくる条件なので、高ければ良いと判断をする必要はありません。

腰痛に良いマットレスの選び方

腰痛に良いマットレスの選び方としては下記の3点を満たすようにしましょう。

  • 高反発のマットレス
  • 体圧分散
  • 耐久性が実証されてる物

高反発にすることでからだの沈み込みをなくすので、寝ている時に楽な姿勢での睡眠をすることができます。

また、体圧分散をすることで腰や背中や肩だけに強く負荷がかかりやすいのを、防ぐことができます。

この2つによって起床時の腰痛の原因を解消ができるようになっているのですね。

そして、耐久性の面も考慮して選ぶようにしてください。
マットレスは毎日長時間利用をするので、耐久性が悪いのだと劣化をして、へたることでからだが沈むようにもなってきます。

一般的な敷布団であれば買い替えれば良いですが、腰痛マットレスは安いので4万円ぐらいからです。

そのため、長く使えることができるように、機能性だけでなく耐久性を考慮して選ぶようにしましょう。

腰痛には高反発マットレスを選ぶ

腰痛マットレスの選び方で必須なのが高反発のを選ぶことです。

一般的なのや低反発のだと、からだが沈み込んでしまい、それが原因で起床時の腰痛や肩凝りに悩まされます。

高反発マットレスを選ぶことで、腰回りへのかかる負担を軽減することができます。

起床時の腰痛に悩む人の中にはフローリングで時下に寝ると、普段より良くなったと経験する人は多いです。

その理由はフローリングだと硬いのでからだが沈み込まないからです。

ただ硬い寝具だとお尻・肩・かかとなど、寝た時に接している部分への負荷が強くなり、からだを痛めやすいです。

高反発マットレスはただ硬いのではなく、のしかかる体重をコイルの力などで反発して、からだを持ち上げるようになっているのですね。

そのため、腰痛には高反発マットレスを選ぶようにしましょう。

腰痛マットレスは耐久性も重要

腰痛マットレスは耐久性も考えて選ぶようにしましょう。

どんな寝具も繰り返し寝ている内に劣化をして、だんだんとへたり沈み込むようにもなります。

一般的な安い敷布団を使って問題ない人なら、価格も安いし耐久性はそこまで気にしないでしょう。

しかし、起床時の腰痛や肩凝りに悩まされている人だと、劣化をするのは問題になってきます。

腰痛マットレスは5年以上使えたりしますが、沈み込みを感じたら新しい寝具にするタイミングです。

そのため、耐久性の面で試験をした結果が分かるようになっていたりするのを選ぶのがおすすめです。

また、そういった試験の結果が掲載されていなければ、実際に使ってる人の口コミを参考するようにしましょう。。

サイズはシングルよりダブルを選ぶ理由

腰痛マットレスを選ぶのであれば、少し大きめのを選ぶのがおすすめです。

腰痛の原因のひとつとして、寝返りの回数が少なくて、腰回りにずっと負担がかかってしまうことも関係してきます。

シングルサイズでも寝る分には問題はありませんが、寝返りをするとギリギリになってきます。

ひとつ大きめのダブルサイズを選んでおけば、寝返りも自然としやすくなるはずです。

腰痛マットレスと一般の敷布団での違い

腰痛に良いマットレスと一般的な敷布団などの違いは下記の3点です。

  1. からだの沈み込み
  2. 接地面積・体圧分散
  3. 寝返りの回数が増えやすい

そもそも素材が違ったり、コイルが入っていたりなどはありますが、これらの部分が大きく違ってきます。

逆に言えばこれらの部分の違いが原因によって、起床時に腰痛や肩凝りに悩まされやすくなっています。

なぜこれらの違いがあるかによって、腰痛に良いマットレスなのかについて、ひとつづつ詳しく解説します。

腰痛に良い高反発マットレスは沈み込みを防ぐ

腰痛マットレスは一般的なのと違い、高反発でからだが沈み込むのを防ぐことができます。

寝具に寝た姿勢は体重のかかるお尻などの部分から、からだが沈んでしまいやすくなります。

お尻が沈んで肩と足に向かって上り坂のように上に上がってる、極端な状態をイメージすると分かりやすいはずです。

からだの腰回りにずっしりと負担がかかり、それが長時間を維持することになるので、目覚めた時にすっと起き上がれなくなります。

そのため、腰痛に良いマットレスは高反発になっており、立っている時と同じような自然な姿勢で寝れるようになっています。

体重がかかるお尻付近だけ沈み込むのを防ぐようになっているのですね。

腰痛に良いマットレスは接地面積を増やし体圧分散

腰痛に良いマットレスの多くは設置面積を増やし、体圧分散もできるように考えて素材や設計がされています。

寝ている時は全身が布団に接しているように感じますが、実際は人の背中や足の部分はゆるやかなカーブになっています。

全身がキレイに接して体重が布団にかかっている訳ではないのですね。

この状態で寝ることで布団に接してる部分である肩・お尻から腰回り・かかとへの負荷が強くかかってしまいます。

そのため、腰痛に良いマットレスは設置面積を増やす為に、素材などを含め設計がされています。

体圧を分散させることで腰回りに重点的にかかりやすい負荷を抑えることができるようになっています。

寝返りの回数が増えやすい

腰痛に良いマットレスの特徴の高反発は寝返りの回数が増えやすい傾向にあります。

高反発のマットレスはからだが沈み込むことがないので、簡単に寝返りを打つことができます。

そのため、自然と熟睡中に寝返りの回数が増えたりなどの効果を期待することができるのですね。

同じ姿勢で寝ていると腰回りや肩付近などが他の部位に比べて、高い負荷が持続してしまいます。

寝返りをすることによって、負荷のかかる部分が変わるので、特定の部位への負担を減らすことができます。

一般的な敷布団やマットレスだと、多少からだが沈み込んでしまうこともあります。

しかし、からだが沈み込むほど寝返りを打つのに力が必要となり、寝返りがしづらくなったり、できないなんてことになりかねません。

姿勢だけでなく、その他の部分でも効果があるのが腰痛マットレスや敷布団です。

マットレスや敷布団次第でが腰痛の原因になる理由

マットレスや敷布団で寝ていて、朝起きると腰痛に悩まされる人も多いです。
マットレスが腰痛にの原因としては腰回りへの負担が長時間かかっている為です。

  • 低反発による腰付近の沈み込み
  • 寝返りが少ないことによる特定部位への負荷

もともとからだは一直線になっている訳ではなく、背中はゆるやかなS時になっています。

そのため、寝ている長時間の間に姿勢が悪ければ、腰へ負荷を持続的にかけてしまい、痛めてしまいます。

主に低反発のマットレスや布団で寝ることで、お尻付近である真ん中が沈みこみ、変な姿勢になってしまう。

また、寝返りの回数が少なければずっと同じ姿勢でいることにより、腰や肩付近への負荷が高くなります。

そのため、起床時に腰痛や肩凝りなどに悩まされてしまう原因となるのですね。
腰痛マットレスはこの原因を解消する為に、高反発・体圧分散・寝返りを増やしやすいの3つのことを改善するように作られているのですね。

ヘルニアに良い腰痛マットレス

ヘルニアの原因は人によって変わってきますが、生活だけでなく寝ている間に負担をかけないことも大切です。

特にヘルニアの人は不自然な姿勢になるのは防がなければなりません。

そのため、間違っても柔らかいマットレスや敷布団を使うのではなく、高反発のを使うことが特に大切です。

柔らかいのだとからだの沈み込みで起床時の腰痛に悩まされている人と比べ、起きてる時でさえ痛みで寝返りが打てないこともあります。

高反発のに帰れば平な面で寝返ることになるので、力を余り入れる必要がなくなり、行いやすいようになります。

ただ、起床時の腰痛に悩まされている人に比べ、日々の生活の面でも負担をかけないことが大切です。

生活で腰へ負担をかけすぎないことも忘れないようにしましょう。

腰痛マットレスのQ&A

ベッドなしでマットレスを畳やフローリングで直置きしても良い?

ベッドを使わずに敷布団で寝ている人だとマットレスを使っても良いのか心配になる人もいるかと思います。

マットレスも畳やフローリングで直置きして寝ても問題ありません。私自身もフローリングに寝具はマットレスだけで敷布団を使わずに寝ています。

ただ、デメリットとしては通気性が悪くなることがあります。

そのまま敷きっぱなしにするのではなく、定期的に干したり、折り畳めないのは立て掛けたりするようにしましょう。

腰痛マットレスの寿命は?

腰痛マットレスの寿命はコイルや素材など製品だけでなく、体重や使い方などにもよって異なります。

目安としては5年から長くて10年ぐらいまでと考えておきましょう。

但し、これは低反発なのかや一般的なマットレスなのかなどでも変わるので、ここではあくまで腰痛の人向けの寿命の目安です。

買い替えの適切なタイミングとしては、期間ではなく真ん中が沈んでしまい、姿勢が崩れてしまった時です。

体重が重たい人であれば劣化がしやすいですし、2つ折や3つ折りだと折り畳み部分が、へたりやすくもあります。

個人的にもおすすめな「雲のやすらぎ」で言えば、8万回の圧縮試験でへたり率が0.1%となっています。

但し、これはあくまで試験であり、現実は毎日のように7時間ぐらいを圧縮した状態になります。

長く使っていくうちで真ん中が沈むようになってきたら、寿命と判断をしましょう。

投稿日:

Copyright© 腰痛マットレスの選び方やおすすめを比較!腰痛マットレスの天使 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.