演題募集

主題プログラム(一部指定)および一般演題を募集いたします。
第16回日本ヘルニア学会学術集会より、全ての演題(45歳以下の外科医)を対象に、学術集会 最優秀演題者へ「 JHS学会賞 」を贈呈致します。演題登録時に、JHS学会賞への申込みの有無と、申込み希望者には年齢の確認をさせていただきます。
また、一般演題につきましては、口演またはポスター発表となりますが、今大会はプログラムの都合により、ポスター発表が多くなりますことを予めご了承ください。
奮ってご応募くださいますよう、お願い申し上げます。

演題募集期間

2017年12月18日(月) ~ 2018年1月31日(水)

※締切直前はアクセスが集中し、演題登録に支障をきたす場合がございますので
余裕を持って登録を行ってください。

応募資格

演題応募は日本ヘルニア学会の会員に限ります。
非会員の方(筆頭演者・共著者)は演題応募と共に、「日本ヘルニア学会」より新規会員の登録手続きをお願い致します。

※ UMINより演題登録いただく際に会員番号を入力いただきますが、
 最初のアルファベットは入力せず、数字8ケタ(半角)のみ入力ください。
 正)12345678
 誤)A12345678

応募方法と注意事項

  • 演題登録はUMINのサイトを利用しております。注意事項をよくお読みいただき、ご登録ください。
  • オンライン登録による応募のみとなります。郵送やFAX、メールの添付によるお申込みはできませんのでご了承ください。

UMINオンライン演題登録システムでは、【Firefox】【Google Chrome】【Internet Explorer】【MicrosoftEdge】【Safari】以外のブラウザで演題登録はできません。
それ以外のブラウザでは、ご利用にならないよう、お願いいたします。
【Safari】におきましては、ver.2.0.3(417.9.2)以降のバージョンでご利用可能です。

  Firefox Google
Chrome
Internet
Explorer
Microsoft
Edge
Safari
Windows
Mac

※最新バージョンの使用を推奨しております。
※諸事情により古いバージョンをご使用の場合は、上記の中からバージョンアップして良いものをご使用ください。

  • 一人複数演題の応募は可能です。
  • 所属機関記載は簡潔にお願い致します。(例:○○病院 ○○科)
  • 図表の掲載はできません。

文字数制限

演題名:全角 40文字(半角80文字)
抄録本文:全角600文字(半角1200文字)

演題採択

  • 演題登録完了後、入力した電子メールアドレス宛に確認メールが自動配信されますので必ず内容をご確認ください。
    ※ 携帯アドレスでは文字数によってお送りできない場合がございますのでご注意ください。
  • 確認メールが届かない場合は、電子メールアドレスが間違って入力されている可能性がございます。その際は確認・修正画面から正しく登録されているかをご確認ください。

演題採否

  • 応募演題の採否・発表形式・カテゴリーは学術集会事務局の一任とさせていだきます。ご希望に添えない場合もございますことを予めご了承ください。
  • 採否ならびに発表日時等は、演題登録時に登録されたE-mailアドレスへ事務局より2018年4月下旬頃にご連絡致します。

利益相反(COI)の開示

  • 演題登録時にCOIについて開示いただきます。演題登録画面に従い、必要事項の入力をお願い致します。

演題区分

■ 主題プログラム

シンポジウム
シンポジウム1
(公募、一部指定)
今、鼠径部ヘルニア診療ガイドラインを考える
~World guidelineを踏まえて
シンポジウム2
(公募、一部指定)
前立腺全摘術と鼠径ヘルニア
シンポジウム3
(公募、一部指定)
腹壁瘢痕ヘルニア修復術
~術式選択を考える
ビデオシンポジウム
ビデオシンポジウム1
(公募)
鼠径部ヘルニアの困難症例に対する手術
ビデオシンポジウム2
(公募)
腹壁瘢痕ヘルニアの困難症例に対する手術
ビデオシンポジウム3
(公募)
小児鼠径ヘルニアに対するLPEC法、
成人例への適応拡大はどこまで可能か?
ビデオシンポジウム4
(公募)
今、Lichtenstein法を極める
パネルディスカッション
パネルディスカッション1
(公募)
子宮内膜症と成人女性鼠径部ヘルニア
パネルディスカッション2
(公募)
鼠径部ヘルニア術後の慢性疼痛に対する挑戦、治療戦略
パネルディスカッション3
(公募)
抗血栓療法中の腹壁ヘルニア手術
パネルディスカッション4
(公募)
食道裂孔ヘルニアに対する腹腔鏡下手術
パネルディスカッション5
(公募)
腹壁ヘルニアに対する日帰り・短期滞在手術
~どこまでできるのか?
教育セッション
教育セッション1
(公募)
鼠径部ヘルニア手術の指導方法
~各施設の取り組み
教育セッション2
(公募)
鼠径部ヘルニアと腹壁瘢痕ヘルニアに対する
シュミレーショントレーニングの実際
教育セッション3
(公募)
腹腔鏡下ヘルニア手術教育における技能評価と
フィードバックについて

■ 一般演題

一般演題( 口演/ポスター )
一般演題1 鼠径ヘルニア
一般演題2 大腿ヘルニア
一般演題3 閉鎖孔ヘルニア
一般演題4 臍ヘルニア
一般演題5 まれな腹壁ヘルニア(白線ヘルニア、会陰ヘルニア、腰ヘルニアなど)
一般演題6 女性の鼠径部ヘルニア
一般演題7 再発鼠径部ヘルニア
一般演題8 メッシュ感染
一般演題9 慢性疼痛
一般演題10 鼠径部ヘルニアのフォローアップ
一般演題11 前立腺癌術後の鼠径ヘルニア
一般演題12 小児鼠径ヘルニア手術(LPECを含む)
一般演題13 TAPP
一般演題14 TEP
一般演題15 Reduced port surgery (単孔式内視鏡手術・Needlescopic surgery)
一般演題16 Lichtenstein法
一般演題17 Bilayer法
一般演題18 Mesh-plug法
一般演題19 TIPP法(Transinguinal preperitoneal repair)
一般演題20 鼠径部の解剖
一般演題21 De novo型鼠径ヘルニア
一般演題22 日帰り手術・ヘルニアクリニック
一般演題23 腹壁瘢痕ヘルニア
一般演題24 IPOM / IPOM-plus
一般演題25 Components Separation法
一般演題26 併存疾患を有する患者に対する治療戦略(鼠径/腹壁)
一般演題27 横隔膜ヘルニア
一般演題28 食道裂孔ヘルニア
一般演題29 内ヘルニア
一般演題30 ヘルニア手術の教育・指導方法
一般演題31 ヘルニア手術のシミュレータートレーニング
一般演題32 ヘルニア治療の医療経済

演題登録

  • オンライン登録および修正は、原則として暗号通信の使用をお願い致します。
  • 暗号通信が使用できない場合(施設やプロバイダーの設定に問題があるか、ブラウザが古い等)がございます。その際は平文通信をご利用ください。
  • 平文通信は、セキュリティや個人情報保護の点で危険です。やむを得ない場合以外の使用は避けてください。
  • 登録したご自身の抄録を参照・更新するためのパスワード(半角英数6~8文字)は、お忘れにならないよう、必ず控えておいてください。
  • 一度ご登録いただいた後もご自身で設定したパスワードを使用して締切日まで何度でも登録内容の確認や修正ができます。
  • 登録締切後の内容変更および共著者の追加・変更は一切行えません。十分ご注意ください。
  • プログラム抄録集ではご本人が登録したデータをそのまま使用いたします。入力ミス等があってもそのまま印刷されますのでご注意ください。
  • 演題登録の際、ご不明点がございましたら下記URLよりご確認ください。
    http://www.umin.ac.jp/endai/userfaq.htm

お問い合わせ先

第16回日本ヘルニア学会学術集会 運営事務局
株式会社シーエーブイ 内
TEL:011-837-2155  FAX:011-837-2212
E-mail:jhs16@kcav.co.jp

PAGE TOP